避難訓練

2019.05.23 Thursday

0

    こんにちは。暑い日が増えてきました。

    それでも子どもたちは、毎日元気にお部屋や園庭で遊んでいます。

     

    そんな中、「緊急地震速報です!!」のアナウンス。

    この日は避難訓練でした。

    保育士たちは「みんな集まって〜」「先生の所に来て〜」と声をかけます。

     

    何々??と先生のところに来る子供もいれば、気にせず遊んでいる子どももいます。

    そんな子どもたちを保育士たちが手分けして手を取り避難開始!

     

    防災頭巾をかぶり、「小さくなって」の言葉掛けで、子どもたちはしゃがみます。

    人数を確認!!全員集まったようです。

     

    今回は、落ち着いたら、次は本郷公園まで避難する訓練です。

    クリストフの英語のレッスン日だったのでクリストフも一緒に子どもの手を取り避難しました。

    パンダ組はまだ手を繋いで散歩に出かけていないけど、保育士の話をよっく聞きお友だちと

    手を繋いで歩きました。

     

    ウサギ組とコアラ組はお散歩バギーに乗って避難しました。

    すこしびっくりしてしまった子どももいましたが、全員無事に避難できました。

     

    乳児クラス、幼児クラスと全員集まり、園長先生のお話を聞きました。

    子どもたちにとって避難訓練はとても大切なものです。

    しかし毎月訓練を行っていると、子どもたちから真剣さが欠け時々笑いながら参加していたり、

    おしゃべりをして、保育士の話を聞かない子もでてきます。

     

    保育士たちは毎回、地震の怖さ、火災の怖さを真剣に子どもたちに伝え、

    訓練の大切さを伝えています。

     

    今後も様々な状況を想定し、子どもたちの安全のために訓練を行っていきます。