6月末の子どもたち

2019.06.24 Monday

0

    こんにちは。もうすぐ水遊び(プール)がはじまります。

    それまでにと、子どもたちは園庭で思い切り遊んでいます。

     

    「そうだ、お芋にお水あげなくちゃ」

    と言って、自分たちで水をあげていました。

    年長児の水やりを見て、年少児も真似をします。

    「ぼくもやろっと」

    と、ジョウロを取りに行き自らお水をあげていました。

    そして、現在子どもたちの間では空前の『ダンゴ虫ブーム』です。

    園庭に出ると砂場遊び用のバケツやカップスコップを持って、ダンゴ虫を探します。

    見てください、この数!!

    「せんせい、見て〜、ナメクジ」

    「カタツムリになるんだよ」・・・・と教えてくれましたが・・・

    なるほど、背中にカタツムリの家を背負っていないだけで、体の部分はほぼ同じに見えますね。

    なんと、手のひらにのせているのは、「しゃくとりむし」です。

    はじめは、「先生、ヘビの赤ちゃんかなあ??」

    と言って見せてくれました。

     

    保育士が「しゃくとりむしだ!!」

    と言って手にのせると、もぞもぞ動き出しました。

    「お手て出してごらん」と促し、手のひらにのせると、しゃくとりむしが、ピーーンと立ちました。

    興味深くじっと見ていました。

    1才のコアラ組さんは、幼児の部屋に遊びにきました。

    見慣れない玩具に興味津々(^^♪

    部屋のあちらこちらと探索がはじまりました。

    気候も不安定で、体調も崩しがちな季節ですが、よく食べ、よく遊び、良く寝て体調を整え、

    楽しみにしている水遊びを始められたらいいなと思います。

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL