七夕会

2019.07.09 Tuesday

0

    こんにちは。今週は七夕会が行われました。

    各クラスは七夕飾りで飾られています。

    ウサギ組とコアラ組は、『五色』の短冊の五色を使ってかわいいちょうちんができました。

    足形や手形で飾りを作りました。

    子どもたちはわかっているようで、自分のを指さし教えてくれます。

    パンダ組は丸や四角、三角の色紙をのりを使ってペタペタと貼っていきました。

    初めて『のり』を使いました。

    そして思い思いに好きな色や形を選んで貼っていきました。

    つき、ほし、にじ組は、全員で流れ星を作りました。

    つき組は、星型にお絵描きをし、ほし組は、かたどられた線にそってハサミで星をきるところから作りました。

    にじ組は、星の型紙をあて、自分でかたどり、ハサミで切りました。同じものでも年齢によって制作の工程が違っています。

     

    流れ星のほかにも、つき組は色紙をのりで貼ったり、ほし組は、ジャバラ織りにした折り紙で丸い飾りを作り、

    にじ組は、折り紙を、何枚も使いくす玉を作りました。

    七夕会当日は、保育士の七夕クイズに挑戦!!

    彦星のお仕事は?織り姫は何をしてる人?どうして二人は会えなくなったの?

    二人が会うために助けてくれた生き物は?

    などクイズに手をあげて答えていました。

    クイズの後は、保育士による、七夕の劇を見ました。

    小さい子どもたちも熱心に見ていました。

    保育士の面白いアクションに時々笑いもあり、楽しい劇鑑賞でした。

     

    日曜日の7月7日七夕の日は、晴れましたね。

    夜空には星がきれいに輝いていました。

    織姫と彦星もきっと会えたでしょうね。

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL